iFixDelivery修理レポート

iFix-delivery
お仕事中に直してお届け!
2017年06月01日 [iPhone6水没復旧]
本日は、滋賀県より宅配修理依頼で、iPhone6の水没復旧修理を承りました。
iPhone6は、Retina HDディスプレイが搭載され、黒色に対する処理能力が高まり視野角が向上し、鮮明な画像が話題となった機種となります。
お客様も、日常使いからビジネスまで幅広く活用されていた様です。
しかし、トイレに行った際にポケットからに、飛び出ししまい画面が全く点かなくなり、水没させてしまったとの事でした。
iPhone6内部には、写真やビジネス上で重要なデータが入っているので、どうしてもデータが欲しいという事から修理業者を探していたとの事でした。

ここで注意ですが、Appleにおける修理は、基本的に本体交換を指します。
つまり、バックアップされていないデータは初期化され、データを戻す事は不可能となります。
未バックアップデータを取り出すには、”信頼できる”水没復旧対応の修理業者に依頼する事です。
水没復旧が成功するか、失敗するかは、修理開始までの時間と修理業者の技術力が非常に重要です。
信頼でき技術力がある業者を見抜く事は、水没復旧させるために重要な工程となりますので、本日はiFixDeliveryの水没復旧作業を紹介いたしますので、参考にしていただき、ご要望頂ければ幸いです。

では、水没してしまったiPhone6の状態を確認致します。

iPhone6水没修理画像上の黄色い丸に注目してください。
水没を示すシールが真っ赤に変色し、水の侵入を示しております。
また、分解したパーツは左から順に、本体、ロジックボード、液晶ディスプレイとなっております。
水没復旧の要となるのが、真ん中のロジックボードと言われる基盤の処置方法が重要となります。
成功の鍵は、ロジックボード上の基盤の腐食や錆を徹底的に排除できるかに掛かってきます。
では、ロジックボード上の基盤の状態を確認致します。

iPhone6水没修理ロジックボード表面こちらが、ロジックボード表面の基盤となります。
各色で示した部分は、本来は同色で示したプレートが溶接されており、特殊な工具を用いて溶接部分を丁寧に乖離していきます。
特に黄色い部分は、人間で例えると、脳に例えられる非常に重要な機能が密集した部分で、多くの修理業者は、乖離時に基盤上のチッブを破損してしまい、直ちに修理不可能となるリスクが極めて高いので、手をつけない場所です。
しかし、iFixDeliveryは全国各地から届く水没修理に向き合い、その都度、研究し改善する事により得た、非常に高い技術力で、修理業者が手をつける事のできないプレート部分を剥離し、洗浄する事が可能となりました。
ここまで、クリーニングする事で、初めて徹底的なクリーニングと呼ぶ事ができ、非常に高い水没復旧率を誇る事が出来ています。
この点も、他業者より技術力が高いと評価していただいている部分でございます。
ロジックボード上の基盤は裏側にも付いています。
こちらも乖離した画像をご覧ください。

iPhone6ロジックボード裏面こちらも無数のチップが付いている事が確認できます。
では、早速、基盤上のクリーニングを致します。
今回は、コアチップ(基盤表面の黄色い枠部分)の腐食が酷いので、重点的にクリーニングを行います。
では、洗浄前の基盤をご覧ください。

iPhone6 ロジックボード洗浄前黄色い丸部分に水による腐食がみられます。
チップに傷が付かない様に細心の注意を払いながら、基盤上をアルコールを用いてクリーニング致します。

iPhone6 ロジックボード洗浄後こちらが、クリーニング後のコアチップ部分となります。
水の跡が消え、腐食や錆が綺麗になった事が確認できます。
残りの、基盤部分も同様にクリーニングする事で腐食や錆を取り除く事が出来ました。
水没の影響により、本体としては復旧はできない状態でしたが、ロジックボード上の腐食を徹底的にクリーニングを行った為、PCに認識できる段階まで蘇生する事ができ、無事にデータを吸い上げる事ができました。

iPhone6 データ取り出し成功こちらがPC上に吸い上げたiPhone6のデータです。
(プライバシー保護の為、一部加工してあります。)
こちらのデータをUSBに入れて、お客様のPC上で確認できる様にして、お返しとなります。
データの確認方法も、一緒にUSBに入れてお渡りいたしますので、ご安心ください。

以上が、iFixDeliveryの水没復旧作業となります。
水没復旧も、様々なケースがあり、一つ一つ対処方法が変わってきます。
iFixDeliveryでは、他業者から断れてしまった機種や、夏に掛けて急増する、海水による水没等の難易度が高い、水没修理も承っております。

最後に水没復旧は、技術力が大きく影響する作業なので、今回のブログでご紹介した記事で、iFixDeliveryの技術力が伝われば幸いです。
水没復旧の経験豊富な技術者が責任を持って、作業を行いますので、信頼できる業者と判断いただき、修理のご依頼を心からお待ちしております。

修理費用
iPhone6 水没復旧基本作業費  5,000円
     データサルページ費用(32GB)  12,000円
合計                    17,000円


iFixDeliveryではiPhone、iPadの各世代の修理に対応しております。
受け付け方法も直接神田店に来店は勿論、遠方の方は宅配修理、近隣だが来店が難し方はデリバリー修理で、お客様のご都合に、対応可能でございます。
iFixDeliveryの店舗は神田駅、新日本橋駅、三越前駅より徒歩5分以内の場所にございます。
東京、秋葉原、新橋、有楽町、浜松町からもスムーズにアクサス可能でございますので、修理依頼をお待ちしております。
信頼のiphone修理はiFixDelivery ガラス割れ/バッテリー交換/水没修理/iPad修理
〒103-0023 東京都中央区日本橋本町4丁目2-1 新商日本橋ビル5F 
修理受付:080-4910-6900

2015年05月03日 [iPhone6水没復旧]
こちらはトイレに落としてしまったiPhone6
お米と一緒にお預かりです。

水没 iPhone6 お米乾燥

落としてすぐに別の修理屋さんでクリーニングを実施するも復活せず・・・
しかしお子様の大切な写真が大量に入ってるとの事でウチに依頼が来ました。

起動中に落ちるという状態から復旧、データを取り出すと写真6,700ファイル!
これは大切な思い出ですね!
今回は更にディスプレイ等のパーツを交換することでiPhoneとして使えるまでに復活しました。

水没復旧は千差万別、状態を見極めて適切な処置が必要です。
協力的な修理屋さんを見つけるととても心強いです。

信頼のiphone修理はiFixDelivery ガラス割れ/バッテリー交換/水没修理/iPad修理
〒103-0023 東京都中央区日本橋本町4丁目2-1 新商日本橋ビル5F 
修理受付:080-4910-6900


このページの先頭に戻る