iFixDelivery修理レポート

iFix-delivery
お仕事中に直してお届け!
2017年11月29日 [水没]
本日は千葉県八千代市から来店でiPhoneSEの水没復旧依頼を承りました。
秋が過ぎ気温も一層寒くなる季節ですが、まだまだ水没させてしまい弊社に復旧を依頼される方は多いです。
夏場にピークを迎える水没ですが、意外にも冬時期も水没は発生致します。
冬場の水没発生原因は、お風呂場やキッチン等ですが、中にはお子様がジュースを零してしまい水没したケースもありました。
この様にご自宅が水没現場となる事も多いので、冬場もちょっとした油断から発生してしまいます。
お客様も、お風呂を入れようとしてポケットから滑り落ち、浴槽にダイブさせてしまったとの事でした。
中には大切なデータが入っており、非常にショックだったと伺っております。
当然ですが、簡単に諦める訳には行かず、インターネット等を駆使し、高い技術と実績から警察の捜査依頼も受けているiFixDeliveryを見つけて頂き、復旧依頼を承りました。
水没復旧を左右するのは第一に時間経過です。
水没による錆や腐食は刻一刻と悪化してしまいます。
その為、水没した場合はいち早く水没処置が出来る修理店に依頼される事をお勧め致します。
また、その際に弊社の様に水没処置技術が高い店舗を第一店舗に依頼して頂けると更に復旧率が上がります。
普段から万が一に備えて、目星を付けておく事をお勧め致します。
今回は、修理レポートと弊社の水没処置の様子をご紹介致しますので、ご参考になれば幸いです。
では、早速状態の確認を致します。

iPhoneSE 水没復旧 修理前こちらがお持込頂いたiPhoneSEです。
当然の事ながら、水没していて電源は付きません。
画面に水ジミも確認でき、内部に水が侵入してしまっている事が予想されます。
ここで注意したいのが、iPhoneの原動力は電気で御座います。
水に落としてしまい画面がつかなくなった場合、不用意に電源を入れようとすると、内部の基盤がショートを起こし、症状としては重篤な状態に移行してしまいます。
なので、電源を入れるには完全に水分を取り除いてから行います。
その為には、やはり水没処置の技術が必要となります。
では、本体内部の状態を確認致します。


iPhoneSE 水没復旧 内部フロントディスプレイを外しました。
黄色い丸に注目して下さい。
バッテリの上に水滴が確認できます。
この時点で、本体内部まで水が達し、不具合が起きている事が判断できます。
水の侵入を確認したところで、バッテリ右に付いているロジックボードを取り外し、クリーニングを行います。
その際、他店舗では技術的に難しい為、敬遠される事が多いロジックボード上の保護プレートも外して洗浄致します。
そうする事で、より隅々まで洗浄が可能となり復旧率を高めます。
弊社では、この様な高度な技術を水没のスペシャリストが行う為、非常に高い復旧率を記録しております。
今回はクリーニングとバッテリ交換する事で本体復旧を達成しました。

iPhoneSE 水没復旧 本体復旧成功ご覧のように、復活を果たしたことが確認できます。
この状態であれば、お客様自身でデータのバックアップが可能なので個人情報の観点により、弊社が扱えないデータもバックアップが取れます。
ただし、一度水没した機種が完全に元通りになる訳ではないので、日頃より小まめにバックアップをとりながらのご使用を推奨いたします。
また、本体復旧が難しい場合、様々な方法でデータを救うノウハウがありますので、どうしても諦めきれない方は、是非、お問い合わせください。
再び電源が入ったiPhoneSEを手にして、お客様も非常に喜んで頂けました。
また、受付時の説明も的確で分かりやすかったと褒めて頂けました。

修理費用
iPhoneSE 水没復旧クリーニング+パーツ交換(起動系) 15,000円

以上で御座います。

iFixDeliveryではiPhone、iPadの各世代の修理に対応しております。
受け付け方法も直接神田店に来店は勿論、遠方の方は宅配修理、近隣だが来店が難し方はデリバリー修理で、お客様のご都合に、対応可能でございます。
iFixDeliveryの店舗は神田駅、新日本橋駅、三越前駅より徒歩5分以内の場所にございます。
御徒町駅、秋葉原駅、東京駅、有楽町駅、新橋駅からもJR山手線ご利用で、スムーズにアクセス可能でございますので、修理依頼をお待ちしております。
また、宅配修理では沖縄県、宮崎県、熊本県、福岡県、鹿児島県、佐賀県、長崎県、大分県など、日本全国から修理を随時受け付けております。
信頼のiphone修理はiFixDelivery ガラス割れ/バッテリー交換/水没修理/iPad修理
〒103-0023 東京都中央区日本橋本町4丁目2-1 新商日本橋ビル5F
修理受付:080-4910-6900


2017年09月18日 [水没]
本日は、丸の内駅周辺から来店で、iPhone6の水没修理の依頼を承りました。
iPhone6をズボンのポケットに入れたまま、洗濯してしまったとの事でした。
薄くて軽くなって行くiPhoneなので、ついつい存在を忘れ、洗濯機に入れてしますケースは、弊社に多くご相談が寄せられております。
強烈な回転力で、水の中を回る為、大抵の場合は、機体の奥まで浸水し、水没してしまっている可能性が高い事案で御座います。
水没させてしまった時の注意点は、起動している状態であれば即バックアップを取る事!
そして、画面がチラつく、不安定でいつ起動しなくなってもおかしくない状態であれば、直ぐに電源を切り、修理業者に持って行って下さい。
基盤上で電流が流れている状態であれば、ショートし、より重篤な水没の症状へと移動してしまいます。
同じ理由で、起動しなくなってしまったiPhoneの電源を入れようとしないで下さい。
インターネット上には様々な、水没対処方法が出回っていますが、多くの情報が水没処置に適しておらず、寧ろ時間だけを費やしてしまっている方法が溢れております。
直ぐに修理業者に持って行くのが一番ですが、旅行や出張先で不可能な場合、データを取出せる可能性を少しでも長くさせる当社がオススメする延命方法が御座います。
データが優先で、修理業者に直ぐに持ち込めないという方は、弊社にお問合せ下さい。
秘伝の延命措置方法をお教え致します。

では、今回の修理のレポートに戻ります。
今回ご依頼のお客様は、実は以前、弊社でガラス割れ修理を依頼していただいたリピーターで御座います。
弊社は、多くの実績と確かな技術力が高評価を受け、信頼を戴けたお客様のリピーターやご紹介が増えています。
今回も、以前の修理が大変好評だった為、ご用命戴けました。
では、今回の修理条件を確認致します。
〈依頼内容〉
・機種     iPhone6
・場所     洗濯機
・日時     約半日前
・希望修理内容 データ復旧(特に写真・動画・電話帳)
お客様は、新しいiPhoneの購入を検討されていて、今回はデータが最優先で欲しいとのご要望でした。

では、条件が確認できましたので、状態の確認へ移ります。
工程としましては、まず基盤を洗浄する為に、ロジックボードを取り外します。

iPhone6 ロジックボード分解こちらが、ロジックボードとなります。
ロジックボード上には、四角で印を付けた部分にプレートがあり、弊社では、この様に取り外してから、洗浄を行います。
この、プレートを外すには非常に高い技術を要すのですが、弊社には経験豊富な、水没修理のスペシャリストが在籍したおり、この難解な作業を可能にしております。
他業者では、難易度が高いことによって、ロジックボードにプレートを付けたまま作業を行なっている場合が多いです。
それでは、洗浄が充分に行えずに、復旧率も低くなります。
今回は、徹底的に洗浄することで復旧を目指せる可能性が高いです。
こちらをご覧ください。

iPhone6 ロジックボード洗浄ロジックボード下部のチップ周辺が汚れている事が確認できます。
こういった、汚染物が動作の妨げになり、起動に至らない事が多いです。
この部分は基盤上のプレートを取らないと、発見し辛く、洗浄も困難な場所となります。
この様に、細部まで洗浄するには、的確な技術力無くして不可能です。
さらに、若干電気が通り焦げている部分がある為、ここからは的確な洗浄方法と迅速さが求められます。
このケースの多くは、起動をさせる事が困難な場合が多いこともさる事ながら、起動時間も短い可能性が高い症例となります。
時間との戦いとなる為、迅速に対処を行います。
今回のお客様の最大の目的は、写真等のデータです。
基盤上の腐食を徹底的に洗浄し、弊社の水没用の専用パーツを仮付けして、PCと同期させデータを引き抜きます。
(※個人情報保護の観点より、取り出した個々のデータは確認致しません。すでに、水没の影響によりフラッシュメモリ内で破損したデータは取り出す事ができませんので、ご了承ください。)
では、データ復旧作業を致します。

iPhone6 データ復旧工程この様に、なんとか起動させることに成功し、無事にデータを取り出す事に成功致しました。
基盤の損傷具合からも危惧された通り、動作は非常に不安定でデータ取り出し後は、完全に電流の流れが止まるほど、ギリギリな状態でしたが、弊社の水没スペシャリストが確かな経験と迅速な対処を行う事で、希望通りのデータ引き出しに成功致しました。
取り出したデータは、復元方法と共にUSBメモリ内に入れて、お渡しとなります。
データが取り出せた報告を行なったところ、非常に大切なでデータだった様で、非常に喜ばれておりました。
後日、データを復元し確認したところ、幸にも写真や電話帳のデータは全て有ったと、教えていただき、弊社の技術力を褒めていただけました。

修理費用
iPhone6 データ復旧 25,000円

以上となります。

iFixDeliveryではiPhone、iPadの各世代の修理に対応しております。
受け付け方法も直接神田店に来店は勿論、遠方の方は宅配修理、近隣だが来店が難し方はデリバリー修理で、お客様のご都合に、対応可能でございます。
iFixDeliveryの店舗は神田駅、新日本橋駅、三越前駅より徒歩5分以内の場所にございます。
押上駅、住吉駅、清澄白河駅、水天宮前駅、大手町駅からも東京メトロ半蔵門線ご利用で、スムーズにアクセス可能でございますので、修理依頼をお待ちしております。
また、宅配修理では北は北海道、南は沖縄まで、日本全国から修理を随時受け付けております。


信頼のiphone修理はiFixDelivery ガラス割れ/バッテリー交換/水没修理/iPad修理
〒103-0023 東京都中央区日本橋本町4丁目2-1 新商日本橋ビル5F
修理受付:080-4910-6900


2017年09月13日 [水没]
本日は、兵庫県神戸市から宅配修理方法より、iPhone5sの水没修理のご依頼を承りました。
9月に入りましたが、まだまだ残暑も厳しく海やプールで水没させてしまい、弊社に復旧を依頼して来て戴くケースが増加しております。
また、これからは台風などの大雨にも警戒する時期となります。
水没は一年中、予期せぬ形で起こりうるので、厄介です。
今回ご依頼のお客様も、プールでご使用していた時に、防水ケースの入口が緩んでしまし、iPhone5sが浸水してしまったとの事でした。
非常に焦られるかと思いますが、完全に水の中に落水させてしまった場合は(特に、落水時に本体から、泡が出た事を確認できた場合)、必ず電源を切って下さい。
※一度、電源を切ったら絶対に電源を入れないで下さい!
その上で、速やかに水没復旧を行なっている修理業者に、持ち込む事で水没における復旧率を上げる事ができます。
また、依頼される修理業者の技術力も、バラつきがあり、その点も考慮された方が、賢明で御座います。
iFixDeliveryでは、様々な症状のiPhone・iPad修理を日々行なっております。
その都度、最良の方法を研究考察していく事で培われた活きた技術力に自信があります。
特に、水没復旧の様な処置方法に、技術力によって成功率を大きく左右される様な修理に、有効に取り組めるので、非常に高い復旧率を維持出来ております。
ご依頼の、お客様も弊社の技術力に信頼を戴け、兵庫県から修理依頼をして戴けました。
iFixDeliveryは、この高い技術力を活かした、隔週修理を多くの方に提供するために、宅配を利用し、日本全国の修理依頼を随時受け付けております。
修理ご依頼のお客様は、こちらをご覧下さい。→https://goo.gl/zfzuWt
では、今回のご依頼内容を確認致します。
〈ご依頼内容〉
・機種    iPhone5s
・修理内容  水没処置(本体復旧最優先)
・状況    プールで水没、LINE等のSNSデータ及び、バックアップ未の写真、動画がどうしても欲しい!
今回の注目する点は、お客様が必要としているデータがLINE等の、お客様自身でアプリをダウンロードして利用されていたデータという事です。
iPhone内に予め入っているアプリ(カメラロール、電話帳等)以外のデータを引き出すのは、お客様情報やクレジットカードの情報が紐付けしてある可能性の高い、Apple IDとPWを必要とする事から、個人情報保護の観点より取り扱えないデータになります。
今回は、さらに難易度の高い本体としての復旧を試みることになります。
さて、ご依頼条件を確認したところで、早速状態確認を致します。

iPhone5s 水没状態チェック黄色い丸にご注目下さい。
赤いシールが確認できます。
このシールは、通常は白色ですが、水分に反応し赤く変色し、水没した事を示します。
この状況からも、水が基盤に達した事が確認できました。
水没形跡を確認したところで、次の工程へ移ります。

iPhone5s 水没状態チェック2お客様の大切なデータは取り外した右側の基盤(ロジックボード)に貯蔵されています。
ロジックボードには無数のチップ等が配置されており、水没によって錆などの不純物が、チップを浸食し、正常な機能を奪いデータを封じ込めてしまっている場合があります。
よって、徹底的な洗浄が復旧率を左右致します。

ここで、基盤洗浄に技術力は必要ないのでは?
と感じる方も居ると思います。
しかし、この洗浄工程には非常に高い技術力を必要とします。
では、こちらの画像をご覧下さい。

水没 ロジックボード表面こちらが、表面のロジックボードです。
赤色と黄色で、囲んだ部分には、iPhoneの動作を処理している重要なチップやコンデンサーを守るプレートです。
このプレートは、溶接されており多くの修理業者は、このプレートを外さずに洗浄を行なっております。
それだけ、このプレートを外すには技術を要するという事です。
弊社には、経験豊富な水没復旧のスペシャリストが、適切な熱管理と特殊な装置を用いる事で、この難解なプレートを外す事ができます。
プレートを外す事が可能なので、他業者では取り切る事のできない不純物へアプローチする事ができます。

水没 ロジックボード表面 解体後プレートの下はこの様になっております。
同色の位置に同色のプレートが付いています。
技術がない修理業者が強引に開けると、チップが飛んだり割れたりしてしまいます。
そうなると、復旧の可能性があったにも関わらず、作業は即アウトです。
高リスクな場所だからこそ、弊社の技術力が活かされる作業でもあります。

水没 ロジックボード裏面今度は、ロジックボードの裏側です。
ここにも、同じく溶接された保護プレートが御座います。
同様に、慎重に剥離致します。

水没 ロジックボード裏面 解体後こちらがロジックボード裏面と保護プレートです。
裏面にも無数のチップがある事が確認できます。
ここまで分解する事で、初めて徹底的な洗浄が可能です。
水没復旧に、この業者がどのくらい技術を持っているかを確かめる一つの基準にしても、いいと思います。
弊社では、今回ご紹介した、プレート乖離技術の他にも、企業秘密の独自技術を用いて水没復旧を行います。
その為、他店舗で復旧できなかった水没修理に成功した実績もありますので、データが諦めきれないお客様は、是非お問い合わせ下さい。
では、iFixDeliveryの技術の一部をご紹介したところで、水没復旧の結果をご覧下さい。

iPhone5s 本体復旧成功ご覧の様に、徹底洗浄の結果、パーツを幾つか付け替えることによって、本体として起動させる事が出来ました。
水没によってバッテリ、ディスプレイ等は壊れてしまったいたのですが、ロジックボード上の阻害因子を取り除くことにより、本体復旧しております。
この状態であれば、弊社が取扱えないデータもお客様自身でバックアップを取る事が可能です。
但し、注意点としましては、今は復旧をしていますが、機械には自己治癒力は御座いません。
いつ使えなくなっても、おかしくない状態なので、復旧したiPhone5Sが届き次第、直ぐにバックアップを取って下さいと、お客様にお伝えし、厳重に梱包して、速やかに発送いたしました。
到着後、直ぐにバックアップして、LINE等のデータバックアップに成功したと、教えていただけました。
半分、ダメだと思っていたデータが再び、復元できたことに、非常に喜ばれていました。
iFixDeliveryの技術力を信用して大正解でしたと、お褒めの言葉も戴ける結果となりました。
ここまで、弊社の水没復旧技術の一部をご紹介しながら、修理レポートをお伝え致しました。
また、今回の記事で、水没修理業者選びの、ご参考になれば幸いで御座います。

修理費用
iPhone5s 基盤洗浄+起動に関するパーツ交換  15,000円
iPhone5s ディスプレイ             8,000円

以上と、なります。

iFixDeliveryではiPhone、iPadの各世代の修理に対応しております。
受け付け方法も直接神田店に来店は勿論、遠方の方は宅配修理、近隣だが来店が難し方はデリバリー修理で、お客様のご都合に、対応可能でございます。
iFixDeliveryの店舗は神田駅、新日本橋駅、三越前駅より徒歩5分以内の場所にございます。
御徒町駅、秋葉原駅、東京駅、有楽町駅、新橋駅からもJR山手線ご利用で、スムーズにアクセス可能でございますので、修理依頼をお待ちしております。
また、宅配修理では沖縄県、宮崎県、熊本県、福岡県、鹿児島県、佐賀県、長崎県、大分県など、日本全国から修理を随時受け付けております。
信頼のiphone修理はiFixDelivery ガラス割れ/バッテリー交換/水没修理/iPad修理
〒103-0023 東京都中央区日本橋本町4丁目2-1 新商日本橋ビル5F
修理受付:080-4910-6900



2017年07月19日 [水没]
本日は、日本橋人形町にお勤めのお客様より、iPhoneSEの水没復旧修理を承りました。
休日を利用して、ご友人と海水浴へ行ったところ、誤って海へ落としてしまったとの事でした。
梅雨も半ばですが、非常に気温が高い日が続いており、海やプールへ出かける人が増えてきています。
それに伴い、iPhoneの落水による水没修理依頼が増えてきております。
レジャー中の水没は、バックアップを取っていないことが多く、せっかくの思い出が消えてしまう事態が大半だと思います。
iFixDeliveryでは様々な水没修理に、対応することで培ってきた高い技術力で修理を行う為に、水没により動かなくなってしまった機体の本体復旧または、データ復旧を行う事が可能です。
また、非常に高い技術力を持ちつスッタフが在籍しており、ロジックボード上に溶接されているプレートを取り外す事が出来る為、他業者より高い成功率を保っております。
さらに、通常より遥かに難易度の高い海水による水没や一度、他業者で復旧不可能と判断されたiPhoneにも取り組む事が可能ですので、データが諦められないお客様は是非、iFixDeliveryにお問い合わせ下さい。
水没復旧費用等はこちらをご確認下さい。→https://goo.gl/JqsNJm
では、iPhoneSEの状態確認を致します。

iPhoneSE海水水没修理前この状態で、お持込み頂きました。
この容器の中身は精製水で御座います。
その中に、iPhoneSEが浸かった状態です。
iPhoneを水の中に入れたら、余計壊れてしまうじゃないか?と驚かれるかも知れませんが、この方法はiFixDeliveryもお勧めしている究極の応急処置方法です。
水没の復旧を妨げる原因は、水没されて基盤上に侵入してしまった水が乾いた際に、発生する錆や腐食です。
この錆や腐食は、水分がゆっくり乾く際に、最も進行が速まる為、水没してしまった場合は精製水などに浸し、阻害要素の進行を遅らせる事が有効です。
その上で、信頼できる修理業者へと早急に持ち込む事で、復旧率は格段に上がります。
今回の記事で、iFixDeliveryの高い技術力を活かした修理を紹介いたしますので、この記事によって、お客様の信頼を得られ、水没や修理依頼を承る事が出来れば幸いで御座います。
では、基盤上のクリーニングを致します。

iPhoneSE海水水没分解右がiPhoneSE本体 左がロジックボード
復旧の鍵を握っているのは、左にあるロジックボード上の処置となります。
この基盤上の錆や腐食を徹底的に排除する事により、正常に電流が流れ、データを取り出せる状態または、本体復旧が可能となります。
画像の黄色い四角で示した部分には、溶接されたプレートがあり、溶接部分を取り外さない限り、クリーニングを行えない場所になります。
このプレートの下には、iPhoneの起動やデータを管理しているチップが無数にあり、迅速かつ適切な温度管理を行えない場合、チップを破損させてしまい、復元が不可能となってしまいます。
このリスクを故に、多くの業者ではプレートを外さずに作業を行う為に、基盤上に錆や腐食が残り復旧率が低いです。
iFixDeliveryでは、高い技術力を活かし、プレートの溶接を外し、深層部までクリーニングを行っております。
その結果、他社で修理不可能とされたケースや海水による難易度の高い水没したiPhoneからデータを取り出せたケースが御座います。
また、さらに高度な修理となりますが、クリーニングやパーツ交換を行っても復旧に至らなかった場合は、基盤の状態次第で基盤修理もご提案させて頂いております。
世界に一つしかない、お客様の大切なデータを取り出す為に、iFixDeliveryは凡ゆる手を尽くします。
では、水没復旧作業を致します。

iPhoneSE本体復旧成功ご覧のように、本体として復旧させることに成功致しました。
作業としては、クリーニングを行いバッテリー、ライトニングコネクタケーブル類、及びディスプレイを交換致しました。
ここで注意点なのですが、これだけディスプレイを含む多くのパーツを交換を要するので、費用としましてもデータ取り出しとほぼ同額になる上に、本体復旧を果たしても、一度水没したiPhoneSEは元には戻りません。
また、いつ起動しなくなるか分からないので、あくまでデータ取り出しをメインとした復旧修理をiFixDeliveryでは、本体復旧と呼んでおります。
今回も、この点のリスクをお客様にお伝えし、本体復旧ではなく、データ復旧をメインに作業を行う事になりました。
この様に、水没復旧状況や作業方針をお客様と確認しながら行う為、進捗状況も把握でき、お客様からも安心できたと、お声を頂いております。
では、iPhoneSEが動いているうちに、データの取り出しを行います。

iPhineSEデータ復旧成功こちらが、取り出したお客様のデータとなります。
(※個人情報保護の為、画像を加工しております。)
iFixDeliveryでは、引き出しに成功したデータ容量は、何GBでも一律の料金となっております。
取り出しに成功したデータは、USBメモリに入れてお客様にお渡し致します。
復元方法も同じUSBメモリ内にお入れ致してますので、ご安心下さい。

修理費用
iPhoneSE データ復旧 25,000円

以上と、なっております。


iFixDeliveryではiPhone、iPadの各世代の修理に対応しております。
受け付け方法も直接神田店に来店は勿論、遠方の方は宅配修理、近隣だが来店が難し方はデリバリー修理で、お客様のご都合に、対応可能でございます。
iFixDeliveryの店舗は神田駅、新日本橋駅、三越前駅より徒歩5分以内の場所にございます。
永田町駅、半蔵門駅、九段下駅、神保町駅、大手町駅からも東京メトロ半蔵門線ご利用で、スムーズにアクサス可能でございますので、修理依頼をお待ちしております。
また、宅配修理では大阪府、京都府、兵庫県、奈良県、愛知県、滋賀県、三重県、和歌山県など、日本全国から修理を随時受け付けております。
信頼のiphone修理はiFixDelivery ガラス割れ/バッテリー交換/水没修理/iPad修理
〒103-0023 東京都中央区日本橋本町4丁目2-1 新商日本橋ビル5F 
修理受付:080-4910-6900


2017年06月27日 [水没]
本日は、福井県より宅配修理で、iPhone6Plusの水没修理を承りました。
iPhone6Plusは、非常に高性能なiPhone6の機能をそのままに、5.5インチのiPhone史上最大サイズのディスプレイで、視野性が広がったと話題になった機種です。
高性能で大画面の機種で、男性のビジネスマンを中心に人気を集めております。
ご依頼のお客様も、大画面で動画や写真を見れる特徴を気に入っていて、ビジネスからプライベートまで幅広く、ご愛用していたとの事でした。
しかし、旅行に行った際に、誤って海へ落水させてしまった様です。
iPhone6Plus内には、未バックアップの写真やデータがあり、どうしても諦められないと言う事で、修理業者を探されていました。
Appleへ持ち込むと、iPhone6Plusは新品になりますが、バックアップされていないデータが戻ってくる事はありません。
水没してしまい、データが諦められないという希望のお客様は、非正規の水没修理業者をご検討下さい。
また、今回の水没要因となったのは海水です。
この海水という種類が、作業工程の難易度を高めます。
通常の水による水没より、塩水によって腐食の進行が極めて早く、基盤上のダメージが深刻な状態になります。
一刻も早く、確かな技術を持った修理業者へ依頼される事をお勧め致します。
iFixDeliveryでは、iPhone各世代の水没復旧修理を数多くこなしております。
その都度、様々な症状に合わせた修理方法を選択する事によって、非常に高い普及率を実現させております。
ご依頼のお客様も、当社ホームページや当ブログの水没復旧に関する記事をご拝読頂け、技術力に信頼を頂け、ご用命下さいました。
iFixDeliveryの、高い水没復旧技術をより多くのお客様へ提供するために、日本全国から随時受付可能な宅配修理を受け付けております。
詳しくはこちらをご覧下さい→https://goo.gl/1qC5ro
では、iPhone6Plusの状態を確認していきましょう。

iPhone6Plus 海水水没状況黄色い丸に注目して下さい。
水没を示す、水没シールが真っ赤に変色しております。
この状況からも、本体内に海水が浸入した事が確認できます。
また、全体的に塩痕が見られ、非常に深刻なダメージが予想されます。
まずは、iPhone6Plusのロジックボードを取り外し、状態をより詳しく確認いたします。

iPhone6Plus 海水没分解画像こちらが、分解した画像となります。
左からディスプレイ、本体フレーム、ロジックボードとなります。
データを復旧られる鍵は、一番右のロジックボードが握っております。
iFixDeliveryでは、ロジックボード上の黒い部分のプレートを取り外し、通常の修理業者が手を出せない様な部分まで、徹底的に洗浄を行います。
このプレートの下には、砂粒サイズのチップが無数に設置されており、その一つ一つが非常に重要な役割を果たしています。
その為、厳重に溶接されており、ロジックボード上のチップの配置を正確に理解し、適正な熱を加え、フレートの溶接部分を融解させる非常に高い技術が要求されます。
多くの修理業者は、この技術を持っていない為、ここまで徹底的な洗浄はハイリスクとなり、行っておりません。
iFixDeliveryは、iPhoneの特性を徹底的に研究し、非常に高い技術力を得る事が出来ました。
高い技術力を持ったスッタフが責任を持って修理を行う事で、他業者が修理を諦めてしまうケースにも対応が可能となり、水没復旧に関しましても、高い普及率を誇っております。
他業者で断られてしまったり、修理不可能と言われてしまったお客様も、是非一度iFixDliveryにご相談ください。
では、ロジックボード上のプレートを外し、腐食の進行具合を確認致します。

iPhone6Plus ロジックボードクリーニング前黄色い丸に注目して下さい。
ロジックボード上に塩が付着してる事が、はっきり確認できます。
この塩痕が腐食を引き起こし、正常な電気信号の流れを阻害している為、排除する必要があります。
また、腐食部分は砂粒程のチップが無数にある部分なので、洗浄にも,
特性と位置を把握していなくては、復旧させる事ができないので、多くの水没復旧スキルを持っているiFixDeliveryだから出來る作業となります。
では、慎重に腐食部分を排除するクリーニングを行います。

iPhone6Plus ロジックボードクリーニング完了再び黄色い丸に注目して下さい。
基盤上のにあった、塩痕が消え、綺麗になった事が確認できます。
ロジックボード上の基盤を可能な限りクリーニングを行った状態です。
この工程まで、しっかり行う事で始めて復旧可能か不可能かが判断できます。
今回の案件は、水没の中でも最も難易度の高い海水による水没でした。
その為、本体としての復旧は残念ながら実現できませんでした。
しかし、ロジックボード上の凡ゆる部分を洗浄する事で、PCに認識できる状態まで復旧する事が出来ました。
ここまで、復旧した要因は、他業者が手を出せない部分まで洗浄を行える技術力を持つiFixDeliveryが、確かな技術と知恵があったからです。
PC認識まで復旧できれば、iPhone6Plus内の大切なデータを引き出す事が可能です。
お客様からも、データを諦めきれずに修理依頼をしたと、ご要望を聞いておりましたので、早急にデータのサルページを行い、無事バックアップを取る事ができました。

iPhone6Pulas データ画像こちらがバックアップデータとなっております。
※個人情報が含まれる為、画像を一部加工してあります。
サルページデータはお客様希望の形式に変換しUSBメモリに入れて、お渡しとなります。
データの確認方法等も同じUSBメモリに入っておりますので、ご安心下さい。
データを取り出せた旨を、お客様にお伝えしたところ、旅行中の大切な写真やデータがどうしても諦められなく、非常にショックを受けていたので、データが取り出せて非常に嬉しいと、喜ばれていました。
今夏は、宅配修理なので、iPhone6PlusとUSBメモリをしっかり梱包し、発送となりました。
到着後に、お客様から再びiFixDeliveryの技術力を評価していただける、お声を戴けました。

今回のケースの様に、海水や他業者に処置をしてもらったが復旧できなかった機体でも、iFixDeliveryは高い技術力と特性を把握した豊富な知識を有する技術者が対応する事で、復旧する可能性があります。
データが諦めきれないというお客様は、是非iFixDeliveryに、ご相談下さい。

修理費用
iPhone6Plus
海水没基本作業費  4,000円
データサルページ費(〜64GB) 15,000円
合計              19,000円

以上で、御座います。


iFixDeliveryではiPhone、iPadの各世代の修理に対応しております。
受け付け方法も直接神田店に来店は勿論、遠方の方は宅配修理、近隣だが来店が難し方はデリバリー修理で、お客様のご都合に、対応可能でございます。
iFixDeliveryの店舗は神田駅、新日本橋駅、三越前駅より徒歩5分以内の場所にございます。
大井町駅、品川駅、浜松町駅、東京駅、有楽町駅からも京浜東北線ご利用で、スムーズにアクサス可能でございますので、修理依頼をお待ちしております。
信頼のiphone修理はiFixDelivery ガラス割れ/バッテリー交換/水没修理/iPad修理
〒103-0023 東京都中央区日本橋本町4丁目2-1 新商日本橋ビル5F 
修理受付:080-4910-6900


2017年05月10日 [水没]
本日はiPhone6sの海水没復旧の修理を承りました。
GWにご家族で出掛けられた際に、海に落とされてしまい壊れてしまったとの事でした。
大事な写真が沢山入っているとの事で、データが諦めきれないという事でiPhoneの水没修理を行っている業者を探した結果、iFixDeliveryの水没修理の実績や復旧率から信頼を戴きご依頼を承りました。
また、iFixDeliveryのホームページ上で水没してしまった際の延命措置をご覧になられていて、持ち込まれるまでお客様自身でそちらの方法を実践して貰えていました。
これから夏に向かい、海でiPhoneを水没させてしまうケースが増加してきます。
特に海水は塩によって腐食の進行が早く、通常の水没よりも遥かに難易度が上昇します。
本日のお客様の様に、延命処置を実践していただけると、難易度の高い海水没の場合でも復旧率は上がります。
詳しくはこちらのページをご覧ください。→https://goo.gl/hahwwa
では、今回のご依頼品のiPhone6sを確認致します。
iPhone6s 海水没状態確認こちらが来店時に応急措置をして戴いていた画像です。
旅行先で精製水は手に入らなかったので、水道水で応用されたとの事でした。
とにかく、水没で怖いのは基盤上の腐食ですので、進行を遅らせる為のも、今回の延命処置は素晴らしかったと言えます。
次に、本体を開いて状態を確認いたします。
iPhone6s 海水没状態確認 中身今回は、延命措置を行って戴いていたのですが、水没後から時間が経過してしっまっていて、海水の侵食が確認できます。
次にロジックボードをご覧ください。iPhone6s ロジックボードクリーニング前全体的に塩による腐食の痕跡が確認できます。
特に、赤丸で囲ってある部分に注目して下さい。
この部分の腐食が激しい事が判明しました。
また、この腐食の激しい部分なのですが、他業者がこの部分を確認、洗浄する事は困難です。
何故なら、この部分は本来、溶接されており、無理に熱を加えると基盤上のチップを破損させてしまい、その時点で修理が不可能となってしまう、非常に重要な場所だからです。
iFixDeliveryでは、多くの水没修理を経験し都度、研究してきたノウハウを活かし、溶接されたロジックボード部分を解放する事が可能です。
この非常に高度な技術により、他店舗で断られてきた水没の復旧を成功させてきた実績があります。
その他にも、様々なアプローチの方法を模索し取り組んでいますので、他店舗で断られてしまったiPhoneでも、諦めずに是非一度、iFixDeliveryにお問い合わせください。
では、ロジックボード上のクリーニング作業を行います。
iPhone6s ロジックボードクリーニング後この様に、腐食部分がだいぶ綺麗になりました。
水道水で尚且つ水没後、間もない状態であれば、ここで復旧する事が多いですが、今回は海水没で時間も経過していたので、やはり難敵でした。
複数回のクリーニングやパーツの交換等を試した結果、iPhone6s本体のバックライトが壊れていて画面は映らないものの、パソコンと同期できデータのみを取り出せる状態まで持っていく事に成功しました。
正直、海水と時間経過の具合から状態としては、極めて厳しい状態でありましたが、お客様自身で延命処置を行っていたお陰で、データを取り出せる状態へと移行する事ができました。
ここまできたら、早急にiPhone6s内のデータをバックアップするのみです。
バックアップ中にも、iPhone6sがダウンするなど、非常に不安定な状態でしたが、諦めずに作業を続行し、無事にデータ取り出しに成功致しました。
iPhone6s データ取り出し成功こちらがバックアップデータとなります。
今回は本体復旧が不可能でしたが、データ取り出しには成功という結果になりまたので、データをUSBに入れてお渡しいたしました。
データが取り出せた事を報告した際に、大切な写真がいっぱい入っていたので本当に嬉しいと、非常に喜ばれていました。
今回のケースは、海水による水没と時間経過という最悪なケースでしたが、お客様自身の延命措置とiFixDelivryの蓄積された技術力により、成功させる事ができました。

修理費用
基本作業量          5,000円
データ取り出し費用(32GB) 12,000円
合計             17,000円

iPhone・iPadの水没で修理業者をお探しの方、是非iFixDeliveryにご相談ください!
また、他店舗で処置されて復旧できなかった方も諦めずに、是非お問い合わせください!
iFixDeliveryには、全国各地から送られてくる水没復旧や修理によって蓄積された技術力と機種の特性を知り尽くした熟練したスッタフが全力で修理させていただきます。
また、iFixDeriveryのデリバリー修理サービスなら仕事場やご自宅を離れずに、修理が可能です!
忙しい貴方を強力にサポートいたします!
時間がなく来店が難しいが、早急に修理をご希望のお客様は是非、便利なデリバリー修理サービスをご検討ください。
信頼のiphone修理はiFixDelivery ガラス割れ/バッテリー交換/水没修理/iPad修理
〒103-0023 東京都中央区日本橋本町4丁目2-1 新商日本橋ビル5F 
修理受付:080-4910-6900

2017年01月27日 [水没]
こんにちは!
iFixDeliveryエンジニアの浜田です。

iFixDeliveryではiPhoneやiPadの画面割れ修理以外にも、水没修理にも力を入れております。
これまで多くのお客様から水没修理のご依頼を頂き、数多く復旧させていただいております。
その経験と実績を活かして埼玉県警察様からの水没修理のご依頼を頂き、復旧させ、捜査協力をしたということで感謝状まで頂くことができました。

ただ水没をされたお客様が一番気になるところは、一体どのような作業をして水没から復旧させているかだと私は思います。
多くの修理業者さんは水没修理の作業等は細かく教えていないのですが、私たちiFixDeliveryは違います。
なぜなら他には簡単に真似できないほどの細かく丁寧に作業を行っているからです。

今回は千葉県にお住まいのお客様からご来店で水没修理のご依頼を頂きました。
トイレに落としてしまい、すぐに広いあげたみたいなのですが、電源が入らず困っていたところ私たちiFixDeliveryにお問い合わせして頂きました。
水没は時間との勝負でもありますので、水没されてしまった方がいらっしゃいましたらすぐにご連絡ください。
すぐに持ってきて頂いた方のほうが、圧倒的に復旧率が高まります。

今回ご依頼頂いたお客様も水没した翌日にご来店を頂き、修理させていただきました。

iPhone5S水没修理レポート


それでは今回お預かりしたiPhone5Sを使ってiFixDeliveryの水没修理方法を紹介したいと思います。
iPhoneのデータは全てメイン基盤に入っています。
お客様の中にはSIMカードにデータが入っていると勘違いしている方もいらっしゃいますが、SIMかーどは単にデータ通信や音声通話をするためのICカードなので、SIMカードには一切データは含まれておりません。

ですので、まずデータを取り出すためメイン基盤を本体から取り出します。
なぜ基盤を取り出すかといいますと、水没によって錆や腐食が基盤上あるため、それを取り除くために基盤を取り外しております。
ショートしていない限り、錆や腐食を取り除けば起動できるようになります。

多くの修理業者さんはこのまま基盤の錆や腐食を取り除くのですが、このままだと全ての錆や腐食を取り除くことができません。
なぜなら基盤には基盤上についているチップを保護するためのプレートが付いているため、その部分を外さないとその内部チップの錆や腐食を取り除くことができません。
ただこのプレートなのですが、単純に付いているというわけではなく、はんだで固定されているため簡単に外すことができません。
ですので、多くの修理業者さんはこのプレートを外さずに洗浄をしているのですが、私たちiFixDeliveryは違います。
iFixDeliveryはこのプレートも外してから基盤を洗浄しております。

そのプレートを外した写真がこちらです。
iPhone水没修理 錆や腐食

iPhone水没修理 基盤プレート外しtitle="iPhone水没修理 基盤プレート外し">

iPhone水没修理 基盤プレート外し2

この写真をみてお分かりのとおりプレートの下には無数のチップが付いています。
1枚目の写真をみるとそのプレートの錆や腐食がどの辺にあるかが一目瞭然でわかりますね。
このプレートを外さないで処置をしてしまったら、この部分の錆や腐食を完璧に取り除くことができず、このまま電源を入れてしまうとかえってショートする可能性があり、せっかく直るものも直らなくなってしまいます。
そういったことがないようにiFixDeliveryでは必ずプレートを外してから洗浄を行っております。
そして洗浄を行ったあと、弊社所有のテスト機にお客様の基盤を付けてデータを取り出せるかを確認します。
データを取り出せることが確認され次第、すぐにデータを取り出します。
なぜなら一度水没した機体はいつどのタイミングで壊れてしまうわからないため、取り出せる状態にあるうちにデータを取り出します。
そのときに取り出せたデータがこちらです。
iPhone水没修理 データ復旧

無事データを取り出したあとお客様の本体に基盤を戻します。
次に行うのがお客様の機体で起動、タッチ、PC同期ができるか確認します。
なぜ上記の3点を確認するかというと、上記の3点が確認できればお客様自身でデータを取り出すことが可能だからです。
ちなみに上記の3点以外の動作確認も行いますが、iFixDeliveryの水没修理はあくまでデータ復旧を目的におこなっておりますので、上記の3点以外の動作は保証しておりません。
また本体として使用できる状態でも1度水没している機体ですので、どこまで使用できるかわかりませんので、本体も保証対象外となりますので、予めご了承ください。
今回調査したところバッテリーが水没によって壊れてしまっていたので、新しいバッテリーを交換したところ無事に起動、タッチ、PC同期が確認されました。
それがこちらです。
iPhone水没修理 本体復旧

お客様にはバッテリーを交換して本体のみお返ししました。
その後1週間は万が一に備えて、こちらで取り出したお客様のデータを厳重に保存しておきます。
その後1週間何も問題がなければお客様のデータを完全に消去致しますのでご安心ください。

iPhoneの水没修理詳細について


iFixDeliveryはiPhoneの水没修理にとても力を入れております。
上記のように決して妥協せず全力で復旧作業に望んでおります。
水没してお困りのお客様はぜひiFixDeliveryにお任せください。
これまで多くの水没したiPhoneのデータ復旧に成功しております。
万が一復旧できない場合は、工賃等も一切かからない成功報酬制で行っております。(店舗処置、海水没は除く)
料金等も詳細に記載してますので、ぜひ下記のリンクをご覧ください。
http://www.ifix-delivery.com/Waterdamege.html

信頼のiPhone水没修理はiFixDelivery ガラス割れ/バッテリー交換/水没修理/iPad修理
〒103-0023 東京都中央区日本橋本町4丁目2-1 新商日本橋ビル5F
修理受付:080-4910-6900

2016年07月27日 [水没]
海水没で塩だらけのiPhone6S
海水没で塩だらけのiPhone6S

こちらをご覧ください。
これはお客様からご依頼を頂いたiPhone6Sを開いたときに撮った画像です。
何か白いものがたくさんついているのがお分かりになるでしょうか。
この白いものは塩です!

そうです、こちらは海に落としてしまったiPhone6Sの分解した画像です。
海水が本体に浸透し、乾燥してしまい塩だらけになっていました。
こんな状態をみたら普通なら「やっても無駄」とか「復旧できるわけないじゃん」って思ってしまう人もいると思います。

しかし私たちiFixDeliveryはどんな状態でも絶対に諦めません!
実際このような海水没でも一切妥協せず全力を尽くして復旧に当たっています。

今回ご依頼頂いたこちらのiPhone6Sも復旧すると信じて作業に当たらせていただきました!
もちろん信じるだけでは復旧しませんがw
iFixDeliveryが研究に研究を重ねてきた自慢の復旧方法で作業しました。

そしてお預かりしてから2日目に結果が出ました。
結果は...データを取り出すことに成功しました!
こちらが取り出したデータの画像です。

海水没からデータの取り出しに成功

この取り出したデータをUSBにお入れしてお客様にお渡ししました。

私たちiFixDeliveryはどんな水没にも一切妥協せず作業を行っております。
大切なデータは取り戻せる可能性は大いにありますので、一度お気軽にご相談ください。

信頼のiphone修理はiFixDelivery ガラス割れ/バッテリー交換/水没修理/iPad修理
〒103-0023 東京都中央区日本橋本町4丁目2-1 新商日本橋ビル5F
修理受付:080-4910-6900

2016年07月08日 [水没]
iPhoneを水没させてしまい、どうすればいいか迷っている人!!!
すぐに当店へお持ちください!

水没してからどうすればいいかわからずインターネットで処置方法を調べる方も多くいらっしゃると思います。
このインターネットのサイトには間違った応急処置方法が多く書き込まれています。

まず間違った応急処置方法を紹介したいと思います。
この間違った応急処置方法を行うことによって反って復旧率を下げてしまうのでくれぐれもお止めください!

@電源を入れようとする。
ショートする恐れがあるのでやめましょう。
A充電する。
濡れた基盤に放電されてしまい、ショートする恐れがあるのでやめましょう。
ドライヤーで乾かす
強い風が本体内部にある水分を全体に行き渡らせてしまい、錆や腐食の原因となってしまうのでやめましょう。
C数日放置する。
こちらはインターネットでよく数日放置すると復活するという書き込みを拝見するのですが、それは誤った情報です。中の水分が乾いてしまい、錆や腐食が進行してしまいショートする恐れがあるので、水没したら速やかに当店へお持ちください。
Dシリカゲルやお米の中にいれる。
こちらもインターネットの書き込みでよくお見掛けするのですが、これも誤った情報です。これも中の水分が乾いてしまい、錆や腐食が進行してしまいショートする恐れがあるので、水没したら速やかに当店へお持ちください。
Eスマホを振って水分を抜こうとする。
本体内部にある水分が全体に行き渡らせてしまい、錆や腐食の原因となってしまうのでやめましょう。

では水没したらどうすればいいのかと思っている方も多いと思います。

それはただ一つ...当店へお持ちください!!!
電源が入っている場合はすぐに電源をお切りください。
電源を切れば電力が供給されずショートする可能性が減ります。

実際に水没した日にお持ち頂いたiPhoneの復旧率は90%を超えています。

こちらがトイレに水没してから3時間後に当店にお持ち頂いたiPhoneです。
トイレに水没したiPhone6の基盤

まだ水没してから間もないので水分が残っています。
基盤を取り外してみてみたら錆や腐食はなくクリーニングをしたら復旧することに成功しました。

こちらが復旧したiPhoneです!
トイレ水没から復旧したiPhone6

こちらパーツ自体もクリーニングでよくなったのでパーツ交換することなく本体として復旧することができました!

当店ではどんな水没にも妥協することなく全力で取り組んでおります。
もし復旧することができなかった場合は無料でお返しします!(海水没、他店舗処置済みは除く)
水没してお困りの方はまず私たちにご相談ください!

信頼のiphone修理はiFixDelivery ガラス割れ/バッテリー交換/水没修理/iPad修理
〒103-0023 東京都中央区日本橋本町4丁目2-1 新商日本橋ビル5F
修理受付:080-4910-6900

2016年06月28日 [水没]
先日静岡にお住まいのお客様からお問い合わせを頂きました。
「海外旅行で海にiPhoneを落としてしまって電源が入らなくなってしまったのですがどうしても写真のデータだけでもほしいです」

普通の水没と違って海にiPhoneを落としてしまうと海水には塩が混ざっているのでより一層錆や腐食がひどい場合が多いです。
正直にいいますと普通の水没に比べると復旧率はかなり下がります。
ただ当店はそんなお困りのお客様にも全力を尽くして復旧にあたっております。

当店はただロジックボードをはずしてそれを洗浄するわけではありません。
私たちはロジックボードの小さなチップを保護するためについている金属のプレートも一緒に外してから洗浄を行っております。
なぜこのプレートを外すかと言いますと、このプレートを外さないと隅々まで洗浄ができないからです。
この金属プレートははんだでしっかり固定されているため外すのにかなりの技術を必要とされます。
しかし私たちは長年の研究からこのプレートを外すことに成功いたしました。

水没したiPhone6plusの基盤 クリーニング前
少しわかりづらいかもしれませんが腐食が進んでいます。
私たちはこのようなところまで特別な液体を使って丁寧に洗浄していきます。

水没したiPhone6plusの基盤 クリーニング後
こちらがクリーニング後の写真です。
ここまで丁寧に洗浄をする修理屋さんはほとんどないと思われます。
なぜそのようなことが言えるかと言いますと当店では他店舗で水没処置をして復旧しなかったiPhoneのご依頼も数多く受けているからです。
今回ご依頼頂いたiPhone6plusも一度静岡の修理屋さんに預けて断られたものだったそうです。

このように他店舗で処置をしたiPhoneのほとんどはロジックボードの金属プレートを外さずに行っているみたいです。(当社調べ)
しかし私たちはお客様を第一に考えていますので一切妥協をせず水没復旧に取り組んでおります。

話を戻しますが、先ほどクリーニングをしたロジックボードを当店にあるテスト用のiPhone6plusに組み込んだところ見事に本体として復旧することに成功いたしました

水没復旧したiPhone6plus
こちらが本体として復旧したiPhone6plusの写真です。

ロジックボードはクリーニングで復旧したのですが、ディスプレイとバッテリーが水没で壊れていたため両方とも交換致しました。
お客様にお伝えたしたところとても喜んでいたので、私たちスタッフもとてもうれしかったです。

今回は静岡からのご依頼でしたので宅配修理で承りました。
水没は時間との勝負ですのでもし水に落とされたらすぐに当店に持ってきて頂けば対応いたします。
実際にその日のうちに持ってきて頂いたiPhoneの復旧率は、90%を超えています。
あなたの「思い出(データ)」は取り戻せます。


信頼のiphone修理はiFixDelivery ガラス割れ/バッテリー交換/水没修理/iPad修理
〒103-0023 東京都中央区日本橋本町4丁目2-1 新商日本橋ビル5F
修理受付:080-4910-6900

このページの先頭に戻る